国内外ニュース

核兵器開発、民間と12兆円契約 米英など4カ国、28社と 

2019年05月02日17時32分
 【ジュネーブ共同】米国、英国、フランス、インドの核保有4カ国が核兵器の製造・開発などのため民間企業28社と少なくとも1160億ドル(約12兆円)の契約を結んでいることが、国際非政府組織(NGO)のPAX(本部オランダ)の調査報告で2日までに分かった。

 核兵器禁止条約制定など核廃絶に向けた国際世論が高まりをみせる一方、核保有国が多額の投資により新型核兵器の開発を進めていることが裏付けられたと指摘。核保有国間で「新たな核軍拡競争が繰り広げられている」と警告した。

 中国で核兵器関連の国営企業が資金調達の債券発行をしていたことも判明したという。