国内外ニュース

五・四運動100年で記念大会 習氏、若者に党の指導堅持を要求 

2019年04月30日19時08分
 【北京共同】中国共産党は30日、列強の侵略に若者を中心に反対した1919年の愛国主義運動「五・四運動」から100周年の記念大会を北京の人民大会堂で開いた。習近平国家主席(党総書記)が演説し、「新時代の中国青年の運動の方向、使命は中国共産党の指導を堅持することだ」と強調した。

 中国当局が学生らの民主化運動を武力弾圧した天安門事件から6月で30年を迎えることも念頭に、愛国主義の名を借りて共産党の一党支配に反対することは絶対に許さない姿勢を示した形だ。