国内外ニュース

ロシア、国籍付与へ申請施設 ウクライナ東部住民向け 

2019年04月30日17時20分
 【モスクワ共同】親ロシア派武装勢力が実効支配するウクライナ東部に隣接するロシア南部ロストフ州で29日、ウクライナ東部の住民がロシア国籍を申請できる初めての施設が開設され、試験業務を始めた。ウクライナ側は東部でロシア国籍の取得者が増えれば、2014年の南部クリミア半島に続き東部がロシアに編入されたり、実効支配の固定化が進んだりするとして警戒を強めている。

 ロシアのプーチン大統領は24日、ウクライナ東部ドネツク、ルガンスク両州の親ロ派支配地域の住民は市民権が奪われているなどとして、ロシア国籍を簡素な手続きで付与する大統領令に署名した。
【写真】 ロシア南部ロストフ州の施設で、ロシア国籍の申請を巡りウクライナ東部の住民に指示するロシア当局者(左)=29日(ロイター=共同)

全国のニュース