国内外ニュース

IS指導者か、ビデオ声明 テロ称賛、5年ぶり生存確認 

2019年04月30日05時54分
 【カイロ共同】過激派組織「イスラム国」(IS)は29日、指導者アブバクル・バグダディ容疑者とする男のビデオ声明を発表した。男はスリランカでの連続爆破テロが、シリア東部でIS最終支配地が奪還されたことへの「報復」だと主張、実行犯らを称賛した。

 ビデオは約18分。最近撮影されたとみられる。ひげを伸ばしたバグダディ容疑者とされる男が、銃を後ろに置いて語る姿が収められている。

 映像が本物なら、同容疑者の映像公開は2014年7月にイラク北部モスルのモスク(イスラム教礼拝所)で「IS建国」を宣言した時以来で、約5年ぶりに生存が確認されたことになる。
【写真】 29日発表されたビデオ声明で話す「イスラム国」(IS)指導者アブバクル・バグダディ容疑者とされる男(ISメディア部門アルフルカーン提供、ロイター=共同)