国内外ニュース

スリランカ、顔覆う衣類着用禁止 自爆テロ警戒 

2019年04月29日17時14分
 【コロンボ共同】スリランカのシリセナ大統領は28日、連続爆破テロを受けて、イスラム教徒女性の頭から全身を覆うブルカや、目の部分だけを出すベールのニカブなど顔を覆い隠す衣類の着用を29日から公の場で禁止する命令を出した。

 身元確認の困難さや衣類の下に爆弾を隠し持つことを当局が警戒しており、自爆テロを警戒しての措置だ。

 政府はテロの脅威が依然なくなっていない中、こうした衣類の禁止は緊急性があると判断。立法手続きを経ずに、テロへの対応を可能とする非常事態宣言に基づき、大統領が命令した。

 スリランカの人口は約2100万人で、イスラム教徒は約10%。

全国のニュース