国内外ニュース

米、6カ国協議の再開否定 ボルトン大統領補佐官 

2019年04月29日09時32分
 【ワシントン共同】ボルトン米大統領補佐官(国家安全保障問題担当)は28日、FOXニュースのインタビューで北朝鮮核問題を巡る6カ国協議の再開に否定的な考えを示した。3回目の米朝首脳会談の実現に期待感も表明した。

 ロシアのプーチン大統領が北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長との会談後の記者会見で、6カ国協議の再開に言及したことをけん制した形。ボルトン氏は「過去に6カ国協議のアプローチは失敗している」と強調した。

 ボルトン氏は「トランプ大統領はまだ3回目の(金氏との)会談の可能性を模索している」と言及。北朝鮮が主張する段階的非核化には応じない考えも示した。