国内外ニュース

世界の軍事費、2・6%増 米中底上げ、日本9位に後退 

2019年04月29日09時09分
 【ロンドン共同】スウェーデンのストックホルム国際平和研究所は29日、2018年の世界の軍事費(一部推計値)が1兆8220億ドル(約203兆円)で前年比2・6%増だったと発表した。米国と中国の軍事費の増加が全体を押し上げた。日本は前年とほぼ横ばい。順位は17年の8位から9位に後退した。

 全体の81%を占める上位15カ国は前年と同じ顔ぶれ。トップの米国は前年比4・6%増の6490億ドル。世界での米軍の優位維持を目指すトランプ米政権は最新鋭戦闘機などを増やす構えで、軍事費は10年以来の増加に転じた。軍拡を続ける中国は5%増の推定2500億ドルで2位。