国内外ニュース

スリランカ、厳戒の日曜 テレビでミサ、集会中止 

2019年04月28日17時49分
 【コロンボ共同】スリランカの連続爆破テロから1週間となった28日、教会が狙われたキリスト教徒にとって事件後初の日曜礼拝の日を迎えた。さらなるテロの脅威から、教会でのミサは自粛され、最大都市コロンボでは多くの教会の門が閉じられた。追悼ミサがテレビで生中継される異例の対応が取られた。

 枢機卿は生中継で「神の名を語って人を殺すことは許されない。1週間を迎え、一人で取り残されている人に手を差し伸べて」と訴えた。イスラム教徒の有志が宗教を超えた団結を訴える集会を予定していたが、安全上の理由から中止された。
【写真】 28日、スリランカの最大都市コロンボで、日曜礼拝が自粛され、治安部隊が警戒する教会(共同)