国内外ニュース

米艦テロ首謀者を殺害 中央軍がイエメン空爆 

2019年01月07日07時54分
 【ワシントン共同】中東などを管轄する米中央軍は6日、イエメンのアデン港で2000年に起きた米駆逐艦コールに対する爆破テロの首謀者の一人とされるジャマル・バダウィ受刑者を殺害したとツイッターで発表した。今月1日にイエメン西部マーリブで空爆したという。

 ロイター通信によると、バダウィ受刑者は03年に米連邦大陪審に起訴された。だが03年と06年の2回、イエメンの刑務所などから逃走した。

 トランプ大統領は6日、ツイッターに「駆逐艦コール攻撃の首謀者ジャマル・バダウィを殺害した。(国際テロ組織)アルカイダへの対抗策は続く」などと書き込んだ。
【写真】 イエメンの首都サヌアの裁判所で判決を聞くジャマル・バダウィ受刑者=2005年2月(ロイター=共同)