国内外ニュース

米「NATO離脱せず」 トランプ氏、負担増を評価 

2018年07月12日22時25分
 【ブリュッセル共同】米欧軍事同盟の北大西洋条約機構(NATO)首脳会議に出席したトランプ米大統領は12日、記者会見し「NATOから離脱できるが、その必要はない。関与も揺らいでいない」と述べ、関与継続の考えを示した。欧州各国がトランプ氏の主張に基づき防衛費の負担増に応じた点を一定程度評価した。

 加盟各国は対ロシア防衛について米国に大きく依存しており、NATOに批判的なトランプ氏への警戒感が強い。トランプ氏は16日にフィンランドでロシアのプーチン大統領との会談を予定している。欧州側は会談の行方を慎重に見守ることになりそうだ。
【写真】 12日、NATO首脳会議後にブリュッセルで記者会見するトランプ米大統領(ゲッティ=共同)

全国のニュース