国内外ニュース

ベトナム“バイク王国”一変へ 首都で30年までに全面禁止 

2017年07月04日21時41分
 【ハノイ共同】ベトナムの首都ハノイ市の人民評議会(議会)は4日、2030年までに市中心部でのバイク通行を全面的に禁止する決議を賛成多数で採択した。慢性的な交通渋滞の緩和が目的。ベトナムはアジア有数の“バイク王国”だが通行禁止は首都の風景を一変させ、住民生活にも大きな影響を与えそうだ。

 ベトナムでは四輪車の普及が進んでおらず、特にハノイなどの大都市では、ほぼ1人に1台の割合でバイクが普及している。

 決議によると今後、一部道路へのバイク乗り入れ禁止など規制を段階的に進め、30年までに「中心部でのバイク通行を禁止するために必要な条件を整える」としている。
【写真】 ベトナムの首都ハノイの通りを走る多くのバイク=6月21日(AP=共同)

全国のニュース