国内外ニュース

昏睡状態の米学生が死去 北朝鮮解放後、米病院で 

2017年06月20日06時30分
 【ワシントン共同】北朝鮮に拘束されている間に昏睡状態に陥り、13日に解放された米国人大学生オットー・ワームビア氏が19日午後、治療を受けていた中西部オハイオ州シンシナティの病院で死去した。ワームビア氏の家族が声明で明らかにした。

 病院は15日の記者会見で、ワームビア氏の脳組織が広範囲にわたって壊死しているとの診断結果を公表。今後の治療法については家族の希望を尊重して明らかにしていなかった。
【写真】 死亡した米国人大学生オットー・ワームビア氏(ロイター=共同)

全国のニュース