国内外ニュース

親族、潘氏の威光利用か 帰国直前に醜聞再燃、選挙へ影響 

2017年01月11日20時06分
 【ソウル共同】米司法当局が韓国大統領選有力候補の潘基文・前国連事務総長の弟とおいを起訴したと10日に公表した事件を巡っては、おいが韓国の建設会社に対し、潘氏が取引を支援していると主張し、事務総長職の威光を利用していたと韓国メディアが伝えていた。

 潘氏は12日夕に韓国へ帰国し選挙活動を本格化させるが、約2年前からくすぶっていた親族の醜聞が最悪の時期に急進展、選挙への影響は不可避の情勢だ。

 潘氏の実弟で韓国の建設会社「京南企業」の顧問を務めた潘基祥氏と、その息子で不動産関連会社「コリアス」のニューヨーク支店に勤務したとされるジュヒョン氏が起訴された。

全国のニュース