国内外ニュース

手首の脈で隠れ糖尿病を推定 京セラがAI解析システム 

2019年10月22日14時41分
 京セラは手首の脈の波形から、食事で摂取した糖質の代謝状態を推定するシステムを開発した。血管の振動をセンサーで検知し、人工知能(AI)で解析する。見落とされがちな「隠れ糖尿病」の簡易的なチェックや、糖質を制限するダイエットに役立つ健康機器として2020年の商品化を目指す。

 開発チームは食事の内容と脈の波形に相関があることに着目。これを利用すれば、糖代謝の良しあしや、糖質を取りすぎていないかを採血無しで確かめられると考えた。開発したシステムでは、センサーを手首に8秒間押し当てるとスマートフォンを通じてサーバーにデータが飛び、AIが糖質の代謝レベルを推定する。
【写真】 糖質の代謝状態を手首の脈の波形から推定する京セラのシステム