国内外ニュース

「他電力は処理水への見解を」 第1原発巡り規制委員長 

2019年10月16日21時14分
 原子力規制委員会の更田豊志委員長は16日の定例記者会見で、東京電力福島第1原発でたまり続ける放射性物質トリチウムを含む処理水について、各地の原発でトリチウムを含む水を海に流している他の電力会社が見解を表明するべきだとの考えを示した。「東電を応援するのなら、放出基準の中身や福島での放出に同意できるかどうかなど、同業者として言ってもよいのでは」と述べた。

 更田氏は一貫して処理水を薄めて海洋放出するよう求めている。実際に各社に要請などはしないといい私見を述べた形だが、従来より一歩踏み込んで問題提起した。