国内外ニュース

天文学会が声明「平和脅かさず」 軍事応用可能な研究への助成に 

2019年03月16日19時34分
 軍事応用が可能な基礎研究に助成する防衛省の公募制度を巡り、日本天文学会は16日、「人類の安全や平和を脅かすことにつながる研究や活動はしない」との声明をまとめたと発表した。

 日本学術会議は2017年の声明で、公募制度を「政府による介入が著しく、問題が多い」と指摘。学会や大学に軍事研究に関する指針の策定などを求めていた。

 宇宙から飛来する微弱な電波を検出する技術をレーダーに転用できるなど、天文学の研究は軍事研究につながりやすい。

 天文学会の調査では、会員の過半数が公募制度反対だが、声明を巡っては意見の対立もあったという。