国内外ニュース

泊原発、活断層否定できず 規制委見解、審査長期化も 

2019年02月22日22時17分
 北海道電力泊原発(泊村)の敷地内を走る「F―1断層」について、原子力規制委員会は22日の審査会合で、原発の新規制基準で13万~12万年前以降に動いたと定義される活断層であることを「否定できない」との見解を示した。新基準では、原発の重要施設の直下に活断層があると再稼働できないが、北海道電によると、断層は泊1~3号機の重要施設の直下にはないという。

 ただ今後の審査で、より強い地震の発生を想定するよう見直しを求められ、設備の耐震対策の強化が必要となれば、5年以上続いている審査がさらに長期化する可能性もある。
【写真】 北海道電力泊原発=北海道泊村