国内外ニュース

桜の会に後援会員多数招待は問題 維新の吉村大阪府知事 

2019年11月12日16時56分
 大阪維新の会代表代行の吉村洋文大阪府知事は12日、安倍晋三首相主催の「桜を見る会」を巡り、首相の地元後援会員が多く招待されているとの疑惑が指摘されたことについて「事実であれば公務の中立性、公正性からして問題だ。税金を使う行事としてまかり通るものではない」と批判した。大阪市内で記者団に語った。

 吉村氏は、内閣府の大塚幸寛官房長が招待客名簿を廃棄したと説明したことに関しても「公務でやっているわけで、絶対に(名簿は)ある」と述べ、公表すべきだとの考えを示した。