国内外ニュース

イージス、25年以降ずれ込みへ 秋田、山口が配備候補地 

2019年05月25日17時01分
 防衛省が秋田、山口両県を配備候補地とする地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」の運用開始時期について、これまで目標としてきた2023年度から25年以降にずれ込む見通しとなった。地元の同意が得られるめどが依然立たない上、最新レーダーの開発や試験に時間がかかるためだ。米側の開発の進捗次第では、25年から大幅に遅れる可能性も否定できない。

 最新レーダーは、米ロッキード・マーチン社の「SSR」。政府は4月上旬、米側が本体とSSRを19年度から約5年で製造するとした答弁書を閣議決定した。

全国のニュース