国内外ニュース

普天間の早期返還、米政府に要望 沖縄・宜野湾市長 

2019年05月16日09時54分
 【ワシントン共同】米軍普天間飛行場を抱える沖縄県宜野湾市の松川正則市長は15日、ワシントンで国務省のセイガー日本部長代行と会談し、同飛行場の早期返還を求める要望書を渡した。米側は名護市辺野古への移設が「唯一の解決策」とし、日本政府と協力して移設を進める考えを示した。

 松川氏が会談後、記者団に明らかにした。14日には国防総省のモーガン国防副次官補代行とも会談。一連の会談で米側から具体的な返還時期の言及はなく、松川氏は早期の時期提示を要請した。

 セイガー氏らは会談で「普天間問題の唯一の解決策は辺野古での代替施設の建設であり、さらに進める」と返答した。
【写真】 15日、ワシントンで米政府関係者らとの会談後、取材に応じる沖縄県宜野湾市の松川正則市長(共同)

全国のニュース