国内外ニュース

公明代表、領土問題解決に努力 日ロ関係「新たな局面に入った」 

2017年09月13日22時28分
 【モスクワ共同】公明党の山口那津男代表は13日午後(日本時間同日夜)、訪問先のモスクワで講演し、日ロ関係について「新たな局面に入った」と強調、経済や安全保障分野の協力を進める重要性を指摘した。公明党として北方四島での日ロ共同経済活動を後押しし、領土問題解決に努める考えも明らかにした。

 全面支援する姿勢を印象付けることで、ロシア側の協力を引き出したい狙い。14日にはプーチン大統領と個人的に近いとされるマトビエンコ上院議長と会談し、こうした立場を直接伝える。

全国のニュース