国内外ニュース

日大理事長の告発状を地検に提出 助成金減額で背任疑い 

2019年06月18日18時24分
 医学部の不適切入試やアメリカンフットボール部の悪質反則問題で、2018年度の私学助成金を35%減額された日本大を巡り、元教授3人が18日、大学に損害を与えたとして、田中英寿理事長と大塚吉兵衛学長に対する背任容疑での告発状を、東京地検に提出した。

 悪質反則は昨年5月に発生。また、日大は昨年以前の入試で、追加合格者を選ぶ際、卒業生の子女を不当に優先していた。

 告発状は、理事長と学長はアメフット部監督らへの指導や、問題発覚後の適切な対応を怠ったとしている。

 東京都内で記者会見した経済学部元教授の三宅忠和さん(80)は「自浄作用が働いていない」と述べた。

全国のニュース