国内外ニュース

難民の大学推薦入学11校に増加 19年度から新たに3校 

2018年06月13日17時10分
 日本に在留する難民らを対象とした国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)の大学推薦入学制度を、2019年度から広島市立大、早稲田大、関西大が新たに導入する方針であることが13日、関係者への取材で分かった。07年度に関西学院大が初導入して以降、国内の11大学に拡大する。

 制度は「難民高等教育プログラム」。対象は日本政府から難民と認められるなどして在留資格を持ち、一定の語学能力がある人ら。UNHCRから推薦されると、入学金や学費が無料となり、奨学金も給付される。

 早稲田大は学部生ではなく初めて大学院生として受け入れる。広島市立大は国公立では初となる。

全国のニュース