国内外ニュース

北朝鮮船長に2年6月求刑 無人島で窃盗罪、函館地裁  

2018年03月09日13時05分
 北海道松前町の無人島、松前小島で昨年11月、発電機などを盗んだとして、窃盗罪に問われた北朝鮮船の船長カン・ミョンハク被告(45)は9日、函館地裁(橋本健裁判長)の初公判で起訴内容を認め「関係者におわびしたい」と謝罪した。検察側は懲役2年6月を求刑し即日結審した。判決は27日。

 検察側は論告で「テレビや冷蔵庫などを手当たり次第に盗んだ悪質な犯行」と指摘した。弁護側は「心から反省し、許しを請います」とするカン被告の反省文を証拠として提出。当初から窃盗目的で島に上陸したわけではないとして、執行猶予付きの判決を求めた。

全国のニュース