国内外ニュース

妻殺害の自宅に上着や包丁なし 「戻した」と講談社次長 

2017年01月11日20時40分
 東京都文京区の自宅で妻(38)を殺害したとして、講談社の編集次長朴鐘顕容疑者(41)が殺人容疑で逮捕された事件で、事件直後に救急隊が駆け付けた際、妻が首をつった時に使ったと朴容疑者が話したジャケットや、持ち出したとした包丁が現場になかったことが11日、捜査関係者への取材で分かった。

 捜査関係者によると、朴容疑者は逮捕前の任意聴取に「妻が自殺したことや包丁を持ち出したことを子どもに知られたくなくてクローゼットや台所に戻した。包丁は洗った」とし、実際にそれぞれの場所にあった。警視庁捜査1課は説明が事実かどうか含めて詳しい経緯を調べている。