国内外ニュース

10月訪日客、5・5%の減少 韓国65%減、台風も響く 

2019年11月20日16時54分
 観光庁は20日、10月に日本を訪れた外国人旅行者は249万6600人で、前年同月より5・5%減少したとの推計を発表した。関係悪化が続く韓国からの旅客が65・5%減の19万7300人と大幅に落ち込んだ上、台風19号など災害の影響もあり、多くの海外ファンが来日したラグビーW杯効果で補えなかった。

 全体の減少は2カ月ぶりで、減少幅は2012年2月の19・6%以来の大きさ。韓国人客の落ち込みは8月の48・0%減、9月の58・1%減より深刻になった。

 政府は20年の訪日客を4千万人にする目標を掲げるが、今年1~10月の累計は2691万4400人と伸び悩んでいる。
【写真】 大阪・ミナミの名所、グリコの看板前でポーズを取る訪日観光客ら