国内外ニュース

宮城と福島、公立校再開 台風19号、断水や避難所抱え 

2019年10月23日05時54分
 台風19号で大きな被害を受けた宮城、福島両県で23日、休校が続いていた公立校のほぼ全校が再開した。一部では断水したままで、敷地内が陥没しているほか、避難所となっている学校もある。各校の教職員らが安全を確認した上で再開に踏み切った。登校した児童らからは笑顔も見えた。不安を抱えながら、日常を取り戻す動きが続く。一方、浸水が深刻な長野市は小中4校で依然、休校している。

 多数の死者が出た宮城県丸森町は同日朝、公立小中高校の全10校で児童、生徒が登校。県内の公立小中高校は全て再開となった。町中心部の丸森小は現在も体育館が避難所。校庭には自衛隊設営の仮設風呂がある。
【写真】 再開した丸森小学校に登校する児童=23日午前、宮城県丸森町