国内外ニュース

拳銃強奪、虚偽通報を取り繕いか 「怖くて」公衆電話から 

2019年06月18日21時05分
 大阪府吹田市の交番で古瀬鈴之佑巡査(26)が包丁で刺され拳銃を奪われた事件で、事件直前に飯森裕次郎容疑者(33)の同級生を名乗った虚偽の110番は「空き巣被害が怖くなって外に出た」との内容だったことが18日、捜査関係者への取材で分かった。吹田署捜査本部は飯森容疑者が公衆電話を使った通報の不自然さを取り繕った疑いもあるとみている。

 捜査関係者によると、事件約10分前の16日午前5時28分、現場の千里山交番から約800メートル南の阪急千里線関大前駅ホームにある公衆電話から、空き巣被害があったと110番があった。
【写真】 送検のため大阪府警吹田署を出る飯森裕次郎容疑者(奥中央)=18日午後