国内外ニュース

「虐待」父刺殺の少年に不定期刑 横浜地裁「ほかの手段あった」 

2019年02月19日15時21分
 2018年1月、自宅で父親=当時(44)=を包丁で刺して殺害したとして、殺人罪に問われた少年(19)の裁判員裁判の判決で、横浜地裁は19日、懲役4年以上7年以下(求刑懲役5年以上10年以下)の不定期刑を言い渡した。弁護側は父親による虐待やドメスティックバイオレンスが事件を引き起こしたとして、少年院送致の保護処分を求めていた。

 判決理由で深沢茂之裁判長は、少年や母親に対する父親の暴力があったと認定。口論になった両親を見て、少年が「母親に危害を加えられると誤信してもやむを得なかった」とした。

 その上で、「他に取り得る手段があり短絡的で正当化できない」とした。
【写真】 2018年1月、自宅で父親を包丁で刺して殺害したとして殺人罪に問われた少年(19)の裁判員裁判の判決で、横浜地裁は19日、不定期刑を言い渡した。

全国のニュース