国内外ニュース

埼玉・熊谷6人殺害で死刑判決 ペルー人被告、「法律を認識」 

2018年03月09日11時00分
 埼玉県熊谷市で2015年9月、小学生姉妹を含む男女6人が殺害された事件で、強盗殺人などの罪に問われたペルー人、ナカダ・ルデナ・バイロン・ジョナタン被告(32)の裁判員裁判の判決公判が9日、さいたま地裁で開かれ、佐々木直人裁判長は求刑通り死刑を言い渡した。

 責任能力の有無や程度が争点。判決理由で佐々木裁判長は、被告が被害者の遺体を隠したり血を拭き取ったりしていることから「法に触れると認識していた」と指摘、責任能力を認めた。

 また「被告が人の生命を奪う危険な行為と分かって行っていたことは明らか」と殺意を認定した。
【写真】 ナカダ・ルデナ・バイロン・ジョナタン被告

全国のニュース