国内外ニュース

芸術祭相談役の東浩紀氏が辞意 愛知県の「不自由展」中止問題 

2019年08月14日12時16分
 愛知県で開催中の国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」で企画展「表現の不自由展・その後」が中止になった問題で、芸術祭の企画アドバイザーを務める思想家東浩紀さんは14日、ツイッターで辞意を表明した。企画展については「外交問題に巻き込まれたこと」と「市民への説明不足」が問題の本質だと指摘した。

 ツイートによると、東さんは元従軍慰安婦を象徴する少女像について「政治家やメディアに政治的に利用されてしまった」と分析。津田大介芸術監督に対し「外交問題に安易に巻き込まれる展示を行ったこと」などを謝罪し、市民や作家を巻き込んだ議論を行うべきだと提案したと明かした。