国内外ニュース

東京国立博物館、訪日客の誘致策 日本文化体験企画など実施へ 

2019年02月07日19時50分
 東京国立博物館(東京・上野)は7日、訪日外国人客の誘致加速に向けた行動計画を発表した。多言語での展示解説を充実させ、文化財の修理作業を見せるツアーや日本文化の体験企画を実施することが柱。準備ができたものから順次着手する。財源として一般620円の入館料(常設展)の値上げも検討している。

 同館の2017年度の入館者数は約250万人。うち外国人は約30万人で、13年度の3倍に上る。20年東京五輪・パラリンピックに向け、さらに増加が見込まれることから対応を強化する。

 計画によると、まず本館常設展示の多言語解説を増設する。
【写真】 東京国立博物館の本館=7日、東京・上野

全国のニュース