国内外ニュース

ボクサー、スマホで税申告を体験 バンタム級王者の井上兄弟 

2019年02月07日11時33分
 所得税の確定申告が18日から始まるのを前に、世界ボクシング協会(WBA)バンタム級王者の井上尚弥選手(25)が7日、神奈川県大和市の大和税務署で、スマートフォンを使った申告を体験した。

 弟で世界ボクシング評議会(WBC)バンタム級暫定王者の井上拓真選手(23)も参加。仮想の所得額などを入力し、作業は5分ほどで終了した。尚弥選手は「便利で手軽だった。2ラウンドKOを決めた気分」。拓真選手は「自分の方が早く終わると思った。兄に先を越されて悔しい」と苦笑した。

 国税庁は、会社員を対象にスマホで申告書が作れる特設サイトを公開。確定申告の受け付けは3月15日まで。
【写真】 スマートフォンを使った税申告を体験するボクシングの(左から)井上拓真選手と兄の尚弥選手=7日午前、神奈川県大和市の大和税務署