国内外ニュース

戦後世代の館長、初就任へ 沖縄・ひめゆり祈念資料館 

2018年03月13日18時25分
 沖縄戦で看護要員として動員された女学生らで構成する「ひめゆり学徒隊」の被害を伝える「ひめゆり平和祈念資料館」(沖縄県糸満市)は13日、島袋淑子館長(90)が3月末で退任し、後任に普天間朝佳副館長(58)が就くと発表した。1989年の開館以来、館長は戦争体験者が務めてきたが、戦後世代の就任は初めて。

 島袋さんは約33年間の教員生活を経て、2011年に7代目の館長となり、太平洋戦争の悲惨さを語り継ぐ戦後世代の育成に努めてきた。普天間さんは開館当初からの職員で、県史でも学徒隊について執筆している。

全国のニュース