ホーム くろしお

えい!えい!えいさー!

2019年9月21日
 「えい!えい!えいさー!」は本県独特の掛け声だという。津軽三味線演奏グループ「村上三絃道」家元の地位を、二代目村上由哲(よしのり)さんから長女の三代目由宇月(ゆうづき)さんへ譲る継承前の最後の舞台で教えられた。

 十五夜や運動会などの綱引きで使われ、どんなに大人数でも、「えいえい」で調子を合わせ「えいさー」で綱を引けば力を集中できる。舞台で演奏された由哲さんら作詞曲「えい!えい!えいさー!」には故郷宮崎の掛け声を「一歩踏み出す力に」との願いがこもる。

 おととい「いきいき茨城ゆめ国体」の県選手団結団壮行式があった。29競技の選手・監督232人が参加。天皇杯39位だった昨年を上回る30位台前半を目指して気勢を上げた。仕事と競技を両立させてきた選手たちの必勝を願って送りたい。「えい!えい!えいさー!」。

 ラグビーのワールドカップが開幕した。きのうの初戦で日本代表はロシアを破り順調な滑り出しになった。本県で長期の強化合宿を行った代表チーム。4年前とは違い1次リーグ突破に国民の期待が集まる。リーチ主将を中心にまとまるフィフティーンにも送りたい。「えい!えい!えいさー!」。

 村上三絃道門下生は西日本に400人超。才能と努力で、二代目が「彼女しかできない表現力を持つ演者」と認めるほどになった三代目は「宮崎でも音楽のプロとして活動できる姿を見てほしい」と語る。大志を抱く若き家元にも「えい!えい!えいさー!」。

このほかの記事

過去の記事(月別)