ホーム くろしお

長期停電に備えて

2019年9月14日
 昭和の頃は本県でもよく停電した。ろうそくの炎に照らされた家族の表情がいつもとは違って見えたものだ。そんなロマンチックな感傷とは遠く、だれもが困惑の表情に一変したのが千葉県の大規模停電だ。

 首都圏を直撃した台風15号で60万戸以上が停電。台風によるものとしては近年まれな大規模停電だが、さらに問題なのは長期化したことだ。今なお相当数が復旧していない。不便をかこつ声が満ちあふれ、いかに現代の生活が電気の恩恵を受けているか痛感する。

 クーラーも冷蔵庫も使えない。断水が重なりトイレもお風呂もままならない。情報網が遮断したため、物資の配給が滞る。熱中症疑いが相次ぎ、死者も出る惨状だ。1年前の北海道地震による大停電「ブラックアウト」も深刻な事態だったが、2日後には大半が解消した。

 千葉では、送電用鉄塔が倒壊したため復旧に時間がかかるらしい。過去の教訓が蓄積されていても、想定外の事態が起きるのが自然災害だ。自治体、企業、家庭など各レベルで、長期停電の際どう電気を融通するか考えておきたい。特に小規模で発電設備を持てない病院や高齢者施設は必須課題だ。

 11日付の「防災士ネットワーク便り」にあったが、こよりにしたティッシュペーパーをツナ缶に浸すと、ろうそく代わりになるという。非常食にもなって一石二鳥。ほかにも緊急時のノウハウがたくさんある。近所の防災訓練等に参加して習うのも自衛策だ。

このほかの記事

過去の記事(月別)