ホーム くろしお

氷点と笑点の祭典

2018年2月9日
 大喜利を看板とする「笑点」の番組名称は立川談志さんがその当時、テレビドラマ化され話題になっていた三浦綾子さんの小説「氷点」から拝借、一ひねりしたものだという。

 当初、「笑点」は談志さんのブラックユーモアがきつすぎて受けず、思いのほか視聴率は伸びなかった。イライラが募った談志さんは大喜利メンバーと衝突、ついに談志と解答者のどっちを取るかという事態に(桂歌丸著「桂歌丸のわが落語人生 座布団一枚!」)。

 平昌冬季五輪の開会式がきょう、平昌五輪スタジアムで行われる。すでにきのうからカーリングの混合ダブルス1次リーグやノルディックスキー・ジャンプ男子ノーマルヒルの予選が実施されていてテレビにくぎ付けの人も多いだろう。

 気がかりなのは現地の寒さだ。大会組織委員会によると開会式の予想最低気温は氷点下5度だが風の影響で体感温度は氷点下10度ほどになるという。その開会式に北朝鮮は金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長の妹、金与正氏(キムヨジョン)を高官代表団員として派遣すると韓国側に伝えた。

 代表団には国連安保理が渡航禁止の制裁を科した人物も含まれる。北朝鮮は正恩氏の身内を派遣して韓国との関係改善を重視する姿勢をアピールするとともに、韓国に南北対話か、制裁維持か、いずれを取るかの「踏み絵」を迫った形だ。

 すったもんだの末に大喜利の衝突劇は談志降板で収拾したが笑顔で迎えたい祭典にユーモアで返せない「お題」を突きつける北朝鮮という国である。体感温度を下げるまねはもうやめて、テレビの前に座っていてほしい北の最高指導者だ。

このほかの記事

過去の記事(月別)