ホーム 県内のニュース

住民側の控訴棄却 延岡・携帯基地局撤去訴訟

2014年12月5日
 携帯基地局から発生する電磁波により健康被害を受けたとして、延岡市大貫町の住民ら30人がKDDI(東京)に対し、基地局の操業差し止めを求めた訴訟の控訴審判決は5日、福岡高裁宮崎支部(田中哲郎裁判長)であった。田中裁判長は「基地局からの電磁波が健康被害を生じさせているという事実が証明されたとは認められない」として、一審判決を支持し、控訴を棄却した。原告側は上告する意向を示した。

(詳細は6日付朝刊または携帯サイトで)

このほかの記事

過去の記事(月別)