ホーム 県内のニュース

ラジオ体操復活へ取り組み 宮崎県内

2014年7月27日
 夏休みの風物詩といえば、早朝に小学生が集まるラジオ体操。宮崎県内では従来の子ども会による運営が少子化や共働き世帯の増加で下火になり、廃止された所もある。その一方で、各自治体は2014年度からラジオ体操を復活させる新規事業を相次いでスタート。世代を超えて人と人が触れ合い、地域の連帯の輪をつなぐ仕掛けにしようとする動きもある。

(詳細は27日付朝刊または携帯サイトで)

【写真】宮崎市鶴島地区のラジオ体操には、小学生だけでなく多くの地域住民が集合。世代間交流の役目も果たしている

このほかの記事

過去の記事(月別)