ホーム 県内のニュース

宮崎県林業公社は存続適当 改革研究会、報告書で提言

2014年7月26日
 宮崎県林業公社(理事長・河野知事)の在り方を検討する同公社改革推進研究会(座長・藤掛一郎宮崎大農学部教授)は25日、県庁で第3回会合を開き、同公社を「今後も存続させることが望ましい」とする報告書をまとめた。県は報告書を参考にし、公社の在り方を11月に判断する。

(詳細は26日付朝刊または携帯サイトで)

このほかの記事

過去の記事(月別)