ホーム 県内のニュース

カツオ一本釣り国際認証へ 「環境に優しい」取得狙う

2019年11月12日
 日南市の南郷漁協(江藤久義組合長)の近海カツオ一本釣り船12隻は、環境に配慮した持続的な漁業であることにお墨付きを与える海洋管理協議会(MSC、本部・英国)の認証取得を目指している。不漁が続く近海カツオ一本釣り漁業だが、資源に優しい点でほかの漁業と差別化。同認証は欧米などで浸透しており、将来的な輸出も視野に入れる。取得すれば、同漁業では日本初という。

(全文は朝刊または携帯サイトで)

【写真】MSC認証取得を目指す南郷漁協のカツオ一本釣り漁船(日本漁業認証サポート提供、伊藤和臣さん撮影)

このほかの記事

過去の記事(月別)