ホーム 県内のニュース

情報集約と連携確認 内陸型地震や噴火想定し県総合訓練

2019年11月10日
 内陸型地震や新燃岳の噴火などを想定した県の総合防災訓練は9日、2日間の日程で始まった。初日は県庁で図上訓練があり、県や宮崎大、消防などから約90人が参加し、被災時の情報集約や関係機関との連携を確認した。

(全文は朝刊または携帯サイトで)

【写真】救助要請などの情報を集約し、対応を検討する消防職員ら=9日午前、県庁

このほかの記事

過去の記事(月別)