ホーム 県内のニュース

認知症疑い夫婦 妻死亡 窒息か、夫を県警捜査

2019年11月8日
 新富町の富田浜海岸沿いの松林で7月、児湯郡内の福祉施設に入所していた80代女性が死亡しているのが見つかり、県警が殺人事件とみて捜査していることが7日、捜査関係者への取材で分かった。司法解剖の結果、死因は首を絞められたことによる窒息死とみられる。県警は、女性が発見された際に現場にいた80代の夫が事件に関与した疑いがあるとみて、殺人容疑で捜査している。女性と夫は共に認知症の疑いがある。夫は県警の調べに、あいまいな供述を繰り返しており、慎重に捜査を進め、容疑が固まり次第、書類送検する方針。

(全文は朝刊または携帯サイトで)

このほかの記事

過去の記事(月別)