ホーム 県内のニュース

県道都農綾線片側通行1年 地元「早く復旧を」

2019年9月30日
 昨年9月30日、本県に最接近し大きな被害をもたらした台風24号の強風により沿線にある民有林の木々がなだれ込んだ木城町高城の県道都農綾線で、復旧工事が遅れている。被害発生から1年が経過したものの、今も片側通行が続き、地元住民は不便を強いられている。

(全文は朝刊または携帯サイトで)

【写真】昨年の台風24号の被害で、現在も片側通行が続く県道都農綾線=木城町高城

このほかの記事

過去の記事(月別)