ホーム 県内のニュース

稲枯らす害虫「トビイロウンカ」 県内で大量発生

2019年8月31日
 稲を枯らす害虫「トビイロウンカ」が県内の普通期水稲で大量発生し、収量減や品質への影響が懸念されている。県が今月下旬に実施した水田41地点の定期調査では、全地点で虫を確認。1株当たりの虫の数も平年の4倍超で、一部の地域では稲がまとまって枯れる「坪枯れ」が発生。農家に不安が広がり、県は防除の徹底を呼び掛けている。

(全文は朝刊または携帯サイトで)

【写真】坪枯れの被害が出ている水田の様子を確認する高牟豊宏邦さん=30日午後、えびの市

このほかの記事

過去の記事(月別)