ホーム 県内のニュース

一ツ葉道 有料継続へ 県、普通車50円値下げ検討

2019年8月30日
 多額の耐震化対策費が見込まれている宮崎市の一ツ葉有料道路北・南線について、県が無料開放予定だった2020年2月末以降も通行料金を値下げして有料を継続する方針を固めたことが29日、分かった。普通車の料金は現行の各線200円から150円への値下げを検討している。同意を求める議案を9月定例県議会に提案する見通し。

(全文は朝刊または携帯サイトで)

このほかの記事

過去の記事(月別)