ホーム 県内のニュース

ピアノ、声楽35人本選へ 宮日音楽コンクール

2019年8月26日
 第25回宮日音楽コンクール(宮崎日日新聞社主催、同コンクール運営委員会主管、宮崎銀行、UMKテレビ宮崎特別協賛、全日空協力)予選最終日は25日、宮崎市のメディキット県民文化センターであった。ピアノ(大学、一般)、声楽部門に64人が出場し、35人が11月の本選出場を決めた。

 審査はピアノが有森直樹(国立音楽大准教授)、菊地麗子(東京音楽大客員教授)、北川曉子(東京芸術大名誉教授)の3氏、声楽が高橋薫子(オペラ歌手)、緑川まり(東京音楽大准教授)の2氏が務めた。出場者は堂々とした様子で練習の成果を披露していた。

 声楽部門に初出場で予選を通過した、宮崎市・宮崎学園高3年の島中輝士風(きしかぜ)さん(17)は「曲の内容を考えながらリラックスして歌えた。本選ではまた違った自分を出せるように頑張りたい」と意気込みを語った。

 本選は11月16日に管楽器、打楽器、弦楽器、声楽部門、同17日にピアノ部門を実施。同24日に表彰式、グランプリ受賞者演奏会、高橋氏による特別演奏会を行う。最終日の島中さん以外の予選通過者は次の通り。(敬称略)

 【ピアノ部門】大学=馬場真梨子(桐朋学園大大学院2年)鉄村杏樹(桐朋学園大2年)桑原菜々子(同1年)山口紗弥(活水女子大3年)山崎咲希(奈良女子大2年)川上眞子(鹿児島国際大4年)大野寿乙(日本大1年)▽一般=高原梓(鹿児島県)野中梨香子(都城市)黄永和佳(福岡県)小池彩夏(東京都)

 【声楽部門】中学=農木隆家(大分大付属3年)三浦夏季(宮崎日大3年)天野真有輝(宮崎大付属3年)渡邊紗生(同)▽高校=清水あいか(宮崎学園3年)塚元由菜(鹿児島・松陽3年)花月真悠子(鹿児島・松陽卒)高橋奎道(宮崎大宮1年)黒木愛也(宮崎学園2年)永野絢子(宮崎日大1年)坂元由佳理(宮崎学園3年)遠矢和音(クラーク記念国際3年)武藤誠弥(宮崎学園3年)▽大学=恒吉季実(国立音楽大2年)松永藍(平成音楽大専攻科)樋口寧々(東京音楽大1年)糟谷紅里(同2年)德田あさひ(東京芸術大3年)濵本佳蓮(東京音楽大3年)▽一般=落理菜子(東京都)坂口真由(鹿児島県)花岡麻衣(東京都)畝原功気(宮崎市)

【写真】感情豊かに歌い上げる声楽部門出場者=25日午後、宮崎市・メディキット県民文化センター

このほかの記事

過去の記事(月別)