ホーム 県内のニュース

ホップ試験栽培成功 県農試

2019年8月24日
 ビールの味や香りの決め手となる原料で、東北や北海道が国産のほとんどを占めるホップの試験栽培に、県総合農業試験場薬草・地域作物センター(小林市野尻町)が成功した。7月末に初めてまとまった量を収穫し、温暖な本県での生産に光が差した形。原料を県内で賄うオール県産ビールの実現や、中山間地の農地の有効活用につながることも期待される。

(全文は朝刊または携帯サイトで)

【写真】県薬草・地域作物センターが試験栽培に成功したホップ=小林市野尻町

このほかの記事

過去の記事(月別)