ホーム 県内のニュース

パンパスグラス、秋の気配 高鍋

2019年8月23日
 23日は二十四節気の一つ「処暑」。暑さが和らぐといわれるが、高気圧に覆われた県内は22日、宮崎市で34.9度となるなど17観測地点のうち16地点で30度以上の真夏日となった。厳しい残暑は続くものの、高鍋町の国道10号ではパンパスグラスの穂が風に揺れ、かすかな秋の気配も漂っている。

(全文は朝刊または携帯サイトで)

【写真】白い穂が風に揺れるパンパスグラス=22日午前、高鍋町南高鍋

このほかの記事

過去の記事(月別)