ホーム 県内のニュース

県、整備工法見直し検討 硫黄山周辺の県道新ルート

2019年8月5日
 霧島連山・硫黄山(1317メートル)の噴火活動の影響で一部区間が通行止めとなり、県が新たな道路(約500メートル)整備を進めている県道小林えびの高原牧園線(県道1号)の工事予定地内に、地中の火山ガス濃度が立ち入り禁止規制値を上回る箇所があることが県の調査で分かった。整備区間の一部で掘削を計画していた県は工法の見直しを検討中で、新ルートの供用開始時期はめどが立っていない。

(全文は朝刊または携帯サイトで)

このほかの記事

過去の記事(月別)